V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

沖縄キャンプ6日目リポート  吉田孝行コーチの腕が鳴る時期

「孝行のところからボールが出たら始まりだぞ!」
前回紹介した原崎政人ヘッドコーチとともに、
手倉森誠監督の口から新しいコーチの名前がグラウンドに響く。
吉田孝行と聞いて、サッカー通なら誰もが思い浮かべるのが横浜フリューゲルスだろう

1993年、10チームがJリーグ初年度に参加した。

鹿島アントラーズ
ジェフユナイテッド市原
浦和レッドダイヤモンズ
ヴェルディ川崎
横浜マリノス
横浜フリューゲルス
清水エスパルス
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
※チーム名は当時

「オリジナル10」と言われ、横浜フリューゲルス(以下・横浜F)は、長崎県を特別活動区域としていたため、長崎にも馴染みの深いチームだった。

だた、出資会社の経営不振のため1998年の活動を最後に横浜マリノスとの合併(横浜F・マリノスの誕生)が決定。最後の試合となったのは、1999年元日に旧国立競技場で開催された清水との天皇杯決勝だった。
2-1で勝利。優勝、そしてチーム消滅。
当時、サッカー界は驚きと悲しみに包まれた。
その決勝点をたたき込んだ選手こそ、当時21歳の吉田孝行だ。

滝川第二高校を卒業後、95年に横浜Fに加入。
チーム消滅とともに99年に横浜FMに加入後、2000年のシーズン途中に大分トリニータに移籍。
その大分のフィジカルコーチに、01年に就いたのが手倉森監督だった。
02、03年はヘッドコーチと選手という立場で同じ釜の飯を食っている

06、07年に横浜FMに復帰。
08年に地元兵庫県にあるヴィッセル神戸に移り13年まで現役を続けた。

20年間、4クラブで培ったプロキャリアの中で、
Jリーグ通算470試合に出場、86得点を記録。
現役選手として、02年に大分をJ1昇格に導いた一人でもある。

14年に神戸のアンバサダーに就任。
15年にコーチ、16年はヘッドコーチを務めると、
17年に転機が訪れる。
当時の監督解任に伴い監督に就任。
監督在任時は、イニエスタを擁したチームの指揮を取った。
その後、紆余曲折あり昨年の6月に監督を退任。
そして、今年から長崎のコーチとして、03年以来となる手倉森監督と同じチームで戦う。

キャンプ初日のある動きが印象的だった。
ボールを使ったフィジカルトレーニングの場面。
その時間の主責任者はフィジカルコーチだが、
練習に一拍置かれたとき、すかさず吉田コーチがチーム全体に声をかけた。

「相手にパスをするとき、これはダメだぞ!」
とやって見せたのは、不規則バウンドをする、相手が受け取りにくいものだった。
「フィジカルトレーニングのときにも、基本である相手が受けやすいパスを送ること!」
と、再びやってみせたのは、グラウンドを滑るように走るボール。
受け手だった名倉巧の足元にピタリと収まった。

練習後、フィジカルコーチのもとに行き、
「すみません。練習を止めてしまいました」
と頭をかいたが、その指導とコーチ陣内のコミュニケーションの取り方に、
吉田コーチの指導者としての力量と人間性が現れている。

「キャンプ6日目を終えて、チームの雰囲気は最高です。これを1年間、どれだけ続けられるかです。監督といろいろ話し、選手の戦うメンタリティ、そして技術を含めてチームを変えていければと思います」

J1の監督経験者である吉田コーチが、J1昇格に向けて長崎をチェンジしている。
「日ごろの練習で、シュート、そしてパスの質を私も含めて、コーチ陣から選手たちにうるさくいっているので、選手の意識がすごく変わったと感じています。手倉森監督は心が広い方。何でもいえる関係の中で、監督の決断をサポートしていきます」

いよいよ19日から練習試合がはじまる

そのサポートの材料の一つが練習試合。1月19日から、練習試合が組まれている。
「練習試合をするごとに課題が出てきます。その都度、課題を明確にして修正をする。この作業を続けて、開幕に向かいます」

吉田コーチの腕が鳴る時期に突入した。

Advertisement
↑トップへ戻る