V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

【キッズ交流活動】ぽっぽ保育学院でV-TIMEを行いました(9/5)

日ごろより、クラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

 

V・ファーレン長崎は、9月5日(木)佐世保市のぽっぽ保育学院にて、年中さん19名、年長さん19名を対象にV-TIMEを行いました。

V-TIMEとは、V・ファーレン長崎スクールコーチによる巡回活動の一環で、長崎県内21市町の保育園・幼稚園を訪問し、体を動かす楽しさや、仲間と協力する、仲間を大切にすることなどを伝えています。また、“V・ファーレン長崎との交流の時間”という意味合いで行っています。

 

 

今回は、前田普及インストラクター、松尾スクールコーチ、内藤スクールコーチがお伺いしました!

最初は、元気よく挨拶をして始まります!

年中さんからウォーミングアップです。

前コーチが上、下、右、左にビブスを振ったらそれに合わせてポーズをとります。

面白いポーズがあり、コーチたちもおもわず笑顔になりました!

次は、前コーチがコーンの色を指示したら、ドリブルでその色のコーンに向かいます。

最初はなかなか出来なかったけど、「ゆっくりでいいからボールを丁寧にドリブルしてみようね!」とアドバイスをすると上手に目的のコーンにドリブル出来るようになりました!

最後は3チームに分かれてミニゲームです。

  

ミニゲームでは練習の成果を発揮し、ゴールが決まるとみんなで喜びました!

 

 

次は年中さんです。

ウォーミングアップは松コーチがやりました。

みんなで手を繋いで大きな円を作り、松コーチの「右」「左」「前」の合図で一歩移動します。

最初は、手が離れたり、右と左を間違えていましたが、みんなで「せーの!!」と声をかけて移動すると上手に出来ました!

次は、3色のコーンにキリン、カメ、ゾウの名前をつけます。

前コーチが動物の名前で合図したら、その動物の色のコーンにドリブルで移動します。

最初はコーンの色と動物が一致せずに迷っていましたが、時間がたつうちに素早くドリブルが出来るようになりました。

その後、コーンの色を一つ追加しましたがスムーズにドリブルすることが出来るようになりました!

 

 

最後は3チームに分かれてミニゲームです。

 

どのチームもゴールすることは出来ませんでしたが、何度も入りそうなシュートがあり、その都度「あー」と歓声が上がっていました!

次は、ゴールをたくさん決められるように頑張ろうね!!

 

 

V・ファーレン長崎は、引き続き長崎県内の幼稚園・保育園を訪問し、体を動かすことの楽しさを伝えながら、子どもたちの全力を応援します。

ADバナー
Jリーグチケット トヨタレンタリース長崎
Advertisement
↑トップへ戻る