V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会

平和への想い 〜あなたが感じた身近な「平和」〜

選手・監督や、長崎出身の著名な方に日々を過ごす中で感じた、「身近な平和」という切り口で平和への想いを話してもらっています。

選手・監督メッセージ ※随時更新

手倉森 誠 監督
2 香川 勇気 選手
4 髙杉 亮太 選手
5 鹿山 拓真 選手
6 角田 誠 選手
7 幸野 志有人 選手
8 磯村 亮太 選手
9 イ ジョンホ 選手
10 黒木 聖仁 選手
11 玉田 圭司 選手
13 亀川 諒史 選手
14 中村 北斗 選手
15 島田 譲 選手
16 吉岡 雅和 選手
17 長谷川 悠 選手
19 澤田 崇選手
20 大竹 洋平 選手
21 富澤 雅也 選手
22 徳永 悠平 選手
23 米田 隼也 選手
24 江川 湧清 選手
25 鈴木 彩貴 選手
26 イ サンミン 選手
27 新里 涼 選手
28 翁長 聖 選手
29 畑 潤基 選手
30 徳重 健太 選手
31 古賀 貴大 選手
32 ビクトル イバルボ 選手
33 呉屋 大翔 選手
34 名倉 巧 選手
37 秋野 央樹 選手
40 カイオ セザール 選手
41 大本 祐槻 選手
  • 手倉森 誠
  • 2 香川 勇気
  • 4 髙杉 亮太
  • 5 鹿山 拓真
  • 6 角田 誠
  • 7 幸野 志有人
  • 8 磯村 亮太
  • 9 イ ジョンホ
  • 10 黒木 聖仁
  • 11 玉田 圭司
  • 13 亀川 諒史
  • 14 中村 北斗
  • 15 島田 譲
  • 16 吉岡 雅和
  • 17 長谷川 悠
  • 19 澤田 崇
  • 20 大竹 洋平
  • 21 富澤 雅也
  • 22 徳永 悠平
  • 23 米田 隼也
  • 24 江川 湧清
  • 25 鈴木 彩貴
  • 26 イ サンミン
  • 27 新里 涼
  • 28 翁長 聖
  • 29 畑 潤基
  • 30 徳重 健太
  • 31 古賀 貴大
  • 32 ビクトル イバルボ
  • 33 呉屋 大翔
  • 34 名倉 巧
  • 37 秋野 央樹
  • 40 カイオ セザール
  • 41 大本 祐槻

長崎出身者メッセージ

前川 清さん
さだ まさしさん
吉田 麻也選手

平和祈念活動内容

平和祈念ユニフォーム

V・ファーレン長崎は、長崎県民にとって平和を考える大事なこの季節にこの想いを伝えるため、2015年より夏季限定で平和祈念ユニフォームを着用し、Jリーグで戦っています。

2019年デザイン

コンセプト

平和の象徴であるハトの羽をモチーフとし、その中にアクセントとしてハートの形も入れ込んで、平和・愛を謳っていきます。
平和でいられる幸せを前向きに捉えながら、愛を感じることが出来るピンク(FP)と、心の平穏を表すグリーン(GK)を採用。
チームカラーである青とオレンジは、それぞれ線として織り込まれています。
風に乗って、ハトが大きく颯爽と飛ぶ姿を、選手が自由にピッチを疾走する姿に重ねています。羽の形には長崎の「長」の字が刻まれており、この印を胸に、選手たちはピッチで戦います。
長い歴史を通じて、長崎が受け継いできた「愛」による平和への想いを、ユニフォームを通して、全国の皆さまに伝えていきます。

昨年に続きシーズンユニフォームの背面に入っているunicefロゴを胸部に無償にて掲出しています。
未来に平和を繋げるため、2018年以降、ジャパネットホールディングスとして世界中の子どもたちの命と健康を守る国連児童基金(unicef)に3年間で1億円の寄付を目指し、弊クラブとさまざまな取り組みを実施しています。

着用期間

2019年7月20日(土)~8月31日(土)までの試合(明治安田生命J2リーグ)にて着用。
※8月10日(土)FC琉球戦はJリーグの規定上着用なし

過去のデザイン

  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018

ホームゲームでの平和祈念活動

選手による平和宣言

2019年平和祈念ユニフォーム着用期間(7月20日(土)~8月31日(土))のホームゲームでは、毎試合キックオフ前に、選手による「平和宣言」を実施しています。
宣言の中に各選手の平和への想いを織り交ぜながら、試合前に長崎の平和への願いを発信します。

7月20日(土)GK 30 徳重 健太
徳重健太選手による平和宣言
徳重健太選手による平和宣言
7月31日(水)DF 4 高杉 亮太
高杉亮太選手による平和宣言
高杉亮太選手による平和宣言
8月4日(日)DF 22 徳永 悠平
徳永悠平選手による平和宣言
徳永悠平選手による平和宣言
8月17日(土)MF 40 カイオ セザール
カイオ セザール選手による平和宣言
カイオ セザール選手による平和宣言
8月31日(土)FW 11 玉田 圭司
玉田 圭司選手による平和宣言
玉田 圭司選手による平和宣言

平和祈念マッチ

長崎と同様に、戦争による悲しい過去をもつ沖縄をホームとするFC琉球戦を「平和祈念マッチ」とし、平和への願いと感謝、各々の文化の継承と交流をテーマに、両クラブが一緒になって平和メッセージを伝えていきます。

ユニセフDAY

終戦記念日に近い、8月17日(土)を「ユニセフDAY」とし、未来を担う子供たちのために、ユニセフを通してV・ファーレンが行う義援活動を知っていただき、ファン・サポーターの皆さまと共に、平和に繋げる活動への一歩となる1日としていきます。

平和学習

長崎にあるクラブの使命として、「平和」への想いを発信するにあたり、チーム・フロント・ファン・サポーターが一体となって、 世界に向けて平和へのメッセージを発信していきたいという想いのもと、2019年は平和祈念ユニフォーム着用前にそれぞれに向けて平和学習を行いました。

平和学習平和学習

過去の歴史の中で苦しみを味わった
長崎にあるクラブの使命として、
世界に向けて、
平和のメッセージを発信していく。

サッカーだからこそ伝えられるメッセージで、
ファン・サポーター・相手チーム、
そして自分達が平和への願いと感謝の気持ちを
持ち続ける。

選手・監督向け

選手平和学習の様子選手平和学習の様子

被ばく体験伝承者の方からの講話と、V・ファーレン長崎の平和への想いを学習する内容を実施。
選手や監督自身が、被爆地長崎で起こったこと、V・ファーレン長崎が考える「平和」について改めて知り、平和祈念ユニフォームを着用する意義やサッカーを通してできることを考える場となりました。

フロントスタッフ向け

スタッフ平和学習の様子スタッフ平和学習の様子

選手・監督向けと同様の内容を実施。
「平和」を発信するクラブを運営する一員として、V・ファーレン長崎の「平和」への想い、
私たちが「平和」を発信する使命があることなど考える時間となりました。

スタッフ平和学習の様子 鹿児島での様子スタッフ平和学習の様子 鹿児島での様子

7月27日(土)鹿児島戦(AG)は、フロントスタッフでバスを借りて応援に行きました。
観戦前には、「知覧特攻平和会館」にて平和学習を行いました。
知覧や各地の戦場で戦死された多くの特攻隊員の方の遺品や関連資料を通して、改めて今ある平和な日常に感謝し、平和の大切さを発信していかなければならないという想いを強くしました。

ファン・サポーターの平和学習

平和祈念ユニフォーム着用前に、V・ファーレン長崎が考える「平和」への想いを共有し、 ファン・サポーターの皆様と一緒に「平和」について考える機会になればという想いのもと、 「平和祈念イベント」として平和学習を実施しました。
また、8月10日(土)には、沖縄で行われるFC琉球戦 平和祈念マッチを長崎県庁にて パブリックビューイングを実施し、その試合前の時間には「第2回平和祈念イベント」を開催いたします。
長崎原爆投下翌日の大切な日、サッカーのある日常に感謝し、みんなで楽しめる1日にしたいと思います。

第1回
実施日:2019年7月20日(土)11:00-12:00
場所:内村記念アリーナ
内容:V・ファーレン長崎が考える「平和」について
「平和はみんなで創るもの-被爆者のご生涯に学ぶ-」(登壇者:被ばく体験伝承者 田平 由布子様)
平和への想い(登壇者:株式会社V・ファーレン長崎 代表取締役社長 髙田 明)

ファン・サポーターの平和学習 1回目ファン・サポーターの平和学習 1回目

第2回
実施日:2019年8月10日(土)17:00-18:00
場所:長崎県庁
内容:V・ファーレン長崎が考える「平和」について
被ばく体験伝承者による講話(登壇者:被ばく体験伝承者 平田 周様)

ファン・サポーターの平和学習 2回目ファン・サポーターの平和学習 2回目

千羽鶴寄贈

千羽鶴寄贈千羽鶴寄贈

平和祈念ユニフォーム着用開始年から毎年、ファン・サポーターを含むクラブ全体で平和への想いを込めて鶴を折り、千羽鶴として長崎原爆資料館へ寄贈しています。
2019年も、昨年に引き続き平和祈念ユニフォーム着用期間(7月20日(土)~8月31日(土))のホームゲームで、折り鶴ブースを設けています。秋以降に長崎原爆資料館へ奉納予定です。

過去の寄贈の様子

過去の寄贈の様子過去の寄贈の様子 2017過去の寄贈の様子 2018

ユニセフ支援活動

ユニセフ支援活動ユニセフ支援活動

2018年より、ジャパネットホールディングスと共に、2018年1月に公益財団法人日本ユニセフ協会を通して、世界の子どもたちへの教育支援や平和の想いを伝えるため、支援プロジェクト『PLAY (PRAY) for PEACE 「未来」のために「今」できること』を発起し、3年間で1億円の寄付を目指した取り組みを続けています。
プロジェクト名には、スポーツをプレイする・遊ぶ(=PLAY)と、支援を通して平和を祈る(=PRAY)という2つの意味を込めています。

ADバナー
Jリーグチケット トヨタレンタリース長崎
Advertisement
↑トップへ戻る