V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

宮崎キャンプ11日目リポート 安心してください、焼いていますよ。

 

朝、昼、晩。
毎日、チームで同じものをいただく。
これこそ、チームビルディングの要だ。

長いキャンプ。
フィジカル、戦術、ケア、食事、休憩。どれも十分な準備のもとに繰り返される。
フィジカル、戦術はコーチ陣が連夜遅くまで頭を突き合わせて、適時最適なメニューを作り出す。
ケアは、メディカルスタッフが、選手一人一人をじっくり観察して施す。

そして、食事。
前回(宮崎キャンプ3日目リポート お勉強の時間)紹介したように、
食生活サポートカンパニーの株式会社タニタの監修のもと、
すべての食事メニューは管理、提供されている。
公認スポーツ栄養士の堀越理恵子さんが、講義をしてくださることはもちろん、
ある日、ある選手は、少し体重が多いために、電話にて個別指導を受ける、なんてこともしばしば。

選手の自己管理のもと、何をどれだけ食べるか。
ただ、キャンプで一番楽しい時間の一つであることは確かだ。

朝食はおとなしめで(まだ起きていない?)、しんしんと食しているが、
昼ともなれば、少し元気。夕食は、にぎやかといった具合。

さて、ある日のメニューをご紹介しよう。

サラダにはじまり、お浸し、麺類、魚、牛肉、鶏肉、ご飯、味噌汁…。
バイキング形式で好きなものを好きなだけ(自己管理して)、食べるスタイル。
食後は、フルーツやパンで締める選手も多い。

ある日のメニューには、トンカツが登場!選手たちもこぞって皿に盛っていた。
でも、安心してください、揚げていませんよ。
アスリートにとって揚げ物は厳禁。こちら、ころもをつけて焼いております。

一つ一つ、計算と入念な準備と手間暇をかけていただいている。
だから、みんなの「ごちそうさまでした!」には、満足と感謝の気持ちがこもっているのだ。

ある選手のチョイス。「もちろん、お替りします」とのこと

明日、8日(土)は、ツエーゲン金沢との練習試合。
キャンプも残り3日。しっかり食べて、しっかり休んで、万全の状態で長崎に戻る。

 

Advertisement
↑トップへ戻る