V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

宮崎キャンプ3日目リポート お勉強の時間

 

毎朝、同じ時間に同じ食事をして、
全員で同じ場所に移動し、トレーニングをし、
同じ場所に戻って、みんなで同じ食事をいただく。
そして、同じ屋根の下で眠る。

この日の午後、宮崎キャンプ初めて雨が降った。そして日が差した

日々は恒常的だが、節目で少し感じる個々の体、頭、チームの成長という変化と、
突如やってくる変革がキャンプのだいご味だ。

「あっ、また一つ階段を上ったな」
という瞬間が、個人で、そしてチーム全体で感じるときがある。
V・ファーレン長崎、順調です!

さて、本日は、オフザピッチのお話。
夕食後に行われたのは「サッカー選手のためのスポーツ栄養講座」。

日々の栄養指導やクラブハウス、アウェイ会場での食事は、
食生活サポートカンパニーの株式会社タニタの知識と協力を得ている。
栄養管理をはじめ、選手の食生活での相談事、悩み事など担当してくださるのが、
公認スポーツ栄養士の堀越理恵子さんだ。

選手全員が、宿舎内のミーティングルームに集まって講座を受講した。
食と体についての基本知識から、
糖質をエネルギーに変えるのはビタミンB1(豚肉など)であること。
試合前に消化を考えると、食事のタイミングはここ!
パフォーマンスを最大限に発揮する方法。
スポーツ選手への推奨睡眠は8.5〜9.5時間。
寝る前2〜3時間前は食さないなどを拝聴。

受講後には、選手から多くの質問を受け付けてくれた。
特に、カイオやルアンなど外国人選手は、
提供される日本の食事の中で、どのような品目を多く食べるといいか。
ブラジルと日本の食の違いなどの意見交換が行われていた。

毎日のことだからこそ、大切にしなくてはいけないこと。
食は最大のパフォーマンスにつながるものだからこそ、
選手たちの眼差しは真剣そのものだった。

Advertisement
↑トップへ戻る