V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

沖縄キャンプ8日目リポート 南風原の風に吹かれて〜

 

1月の沖縄は、サッカーチームがひしめき合っている。
気温は20度近くに上がり、陽がさせば半そでで過ごせるほど陽気だ。
スポーツ選手にとって、体、筋肉がほぐれることは、より体を動かせる、効果を得られる。
同じ時間に同じ量の汗をかいた分だけ、チームも結束する。
だから、キャンプ地に沖縄を選択するチームは多い。

1月20日現在、沖縄キャンプを実施しているサッカーチームは、
J1、J2、そして海外チームを含めて12チーム。
2月の開幕までの期間で合計22チームが沖縄で、シーズンの土台作りに励んでいる。

V・ファーレン長崎は、1月13日に沖縄に降り立ち、早8日目。
7日目にはトレーニングマッチを実施し、今後25日までの滞在で3試合を予定している。
疲労回復と英気を養うため、前夜に午前中の1部練習が伝えれて、
選手たちは思い思いに半日を過ごした。

長崎が、キャンプでお世話になっているのが南風原町だ。
那覇市の東隣に位置する人口4万人弱の町。
王朝時代の史跡や織物があり、
はえばる美瓜やかぼちゃ、スターフルーツなどが特産物だ。

黄金森陸上競技場は、丘の上にある黄金森公園内にあり眺望も抜群。
長崎にとっては、グラウンドのコンディションの素晴らしさはもちろん、
併設されているジムも利用して、チームビルディングを実施している。

1月20日には、V・ファーレン長崎代表取締役社長の髙田春奈、監督の手倉森誠、強化部長の竹元義幸が、
赤嶺正之町長を南風原町役場に表敬訪問した。

左から、弊社社長の髙田、赤嶺町長、監督の手倉森

赤嶺町長から、
「V・ファーレン長崎の皆さんを受け入れさせていただくために、万全の体制をとらせていただきました。成果の上がるキャンプをお過ごしください。そして、先日は町の中学校サッカー部員にサッカー教室を開催していただき、ありがとうございました」
と言葉をいただいた。
「『南風原町でキャンプを開催したからこそJ1に昇格できた』と言えるようなキャンプにします」(手倉森監督)

キャンプは後半戦に入り、トレーニングマッチウィークに突入した。
21日にはFC東京、22日はガンバ大阪と対戦する。
試合は、選手個々のアピールの場となり、
チームが形づけられていく時間となる。
南風原で培う2020年の長崎。J1昇格に向けてのいい時間を過ごせている。

 

 

Advertisement
↑トップへ戻る