V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

アカデミー

≪U-18≫ドイツB04レバークーゼン短期留学日記(12日目)/「残り期間、悔いのない時間にしたい!」

日頃よりクラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

 

レバークーゼン短期留学は12日目!

今回のレポート担当は、鍋島暖歩選手です。ぜひご覧ください。

==============================================================

鍋島暖歩(MF)

■この日取り組んだこと
午前 : 自由時間(ショッピング)
午後 : U-19チーム公式戦観戦
    チャンピオンズリーグ観戦(レバークーゼンVSアトレティコマドリード)
■レバークーゼンの選手と一緒にプレーをして感じること
フィジカルの面、特にスピードの部分や身体のぶつけ合いの部分では、
レバークーゼンの選手に勝てないところが多くありますが、
身体の使い方で相手を上回れるようにしたいと思います。
腕で相手をブロックしたり、相手のタックルをいなす技術をつけたいと思います。
■ドイツに来てから上達したこと
ドイツは対人の練習が多く、攻守において対人スキルがレベルアップしていると思います。
1対1の局面でドイツの選手にも勝てるようになってきたので、日本に帰ってきた際に圧倒的な強みとなる様に、
引き続きレベルアップしたいです。
■サッカー以外での学び
ドイツはサッカー文化が強く根付いていてサッカーに対する気持ちが強いと感じました。
レバークーゼンU-19チームやU-17チームの試合でも観客として観に来る人も多く、
トップの試合でも心からサッカーを楽しいと感じ見ている様子が印象的です。
■今後の抱負
もうドイツでの時間も残り僅かとなって、日本に帰って悔いのないようにしたいです。
そのために練習でも普段の生活でもたくさんのことに気づき吸収したいと思います。
■今日の1枚
ヨーロッパ最高峰の試合、チャンピオンズリーグレバークーゼンVSアトレティコマドリードの試合観戦した時の写真です。
最高の雰囲気でした!レバークーゼンが勝利し、スタジアムも大興奮で初めての感覚でした!
==============================================================
みなさま、V・ファーレン長崎U-18のご声援をよろしくお願いいたします。
Advertisement
↑トップへ戻る