V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

アカデミー

≪U-18≫ドイツB04レバークーゼン短期留学日記(4日目)/「感謝の気持ちを忘れずに」

 

日頃よりクラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

 

本日はレバークーゼンU-19に斎藤選手・川本選手、レバークーゼンU-17に鍋島選手・中島選手が練習参加しました。

今回のレポート担当は、河原颯汰選手です!

この日、河原選手はコンディション不良のため、別メニューでの調整となりましたが、ピッチの外からトレーニングを見て、感じたことを書いてくれています。

==============================================================

河原颯汰(GK)

■経歴

FCソレイユ2008 → V・ファーレン長崎U-18

 

■V・ファーレン長崎U-18に入った理由

V・ファーレン長崎U-18がJクラブの下部組織ということで、私の夢であるプロサッカー選手になるために、1番の近道だと思ったからです。

また、プロになるための環境が整っており、良い施設や良い指導者に恵まれていると思ったからです。

 

■短期留学での目標

今回のドイツ遠征では、自分の武器であるシュートストップに磨きをかけるために、

ドイツのキーパーから良いものをたくさん吸収していきたいと思います。

また、感謝の気持ちを忘れずに、「昨日の自分より今日の自分」と、一日一日の自分の成長を実感できるように過ごしていきたいです。

 

■本日取り組んだこと

午前:私以外の4名の選手は、レバークーゼンU-19とU-17のトレーニングにそれぞれ参加しました。私は怪我の状態をレバークーゼンのトレーナーに診てもらいました。

午後:私はホテルでの療養でしたが、他の4名の選手、スタッフはケルンを観光しました。

本日私はプレーをすることが出来ませんでしたが、練習している様子をピッチの外から見たときに、

あらためて、たくさんの方々のサポートのおかげで、このドイツ遠征が成り立っていることを実感しました。

これからも自分の与えられた立場で、今できることに全力で取り組み、1人の人としても、サッカー選手としても成長していきたいと強く思いました。

 

■本日の1枚

レバークーゼンU-19のトレーニングに参加している斎藤選手、川本選手です。

私も早くトレーニングに復帰できるように頑張ります!

 
==============================================================
みなさま、V・ファーレン長崎U-18のご声援をよろしくお願いいたします。
↑トップへ戻る