V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

ニュース

2019シーズン V・ファーレン長崎 ユニフォームデザイン決定のお知らせ

 

 

日ごろよりクラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

12月9日(日)のファン感謝DAYでも発表させていただきました通り、2019シーズンに着用するユニフォームデザインについて、下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。

 

【デザイン決定までの背景】

2019シーズンは、いつも応援してくださるファン・サポーターの皆様や、実際に着用する選手たちの意見をもとに決定したいという想いから、クラブとして初めてファン・サポーター、選手によるデザイン投票を実施することとなりました。
まず、昨年もデザインを担当していただいた長崎県出身のデザイナー岡本一宣氏に、約30種類にものぼるデザイン案をお持ちいただき、その中から3種類に絞らせていただきました。そして2018年8月31日(金)のホームゲームと特設サイトにてファン投票の受付を行い、一週間の投票期間中、約2,000の投票をいただきました。ご協力いただきました皆様には、心より感謝申し上げます。その後、選手および監督、コーチによる投票も実施し、2019シーズンのユニフォームデザインを決定しました。
投票時のデザインから一部調整を行い、袖には「NAGASAKI」の文字、左肩(※2019年Jリーグユニフォーム規定により、背中上部から左肩に位置が変更になりました)にはチームのグランドスローガンである「正々道々~ナガサキから、世界へ~」をプリントし、長崎に対する想いを加えています。ホームタウンである長崎への想いを背負い、V・ファーレン長崎はこのユニフォームで2019シーズンを戦います。

<ご注意>

 

【デザインコンセプト】

今年のメインとなるユニフォームは、チームカラーである青とオレンジを基調にし、2018年に世界遺産に登録された大浦天主堂のステンドグラスをイメージしました。V・ファーレン色に染まったステンドグラスがスタジアムを彩り、選手とサポーター、そして長崎県民が一丸となって勝利をつかめるよう願いを込めたデザインです。
またアウェイのユニフォームはV・ファーレンの”V”、”Victory”の”V”をモチーフにしました。その”V”を胸に刻み、常に勝利に対し貪欲に、そして飽くなき闘争心をもって、勝利を掴み取ってほしいという想いを込めました。
この新しいデザインで、V・ファーレン長崎のさらなる飛躍、勝利を願っております。

岡本一宣デザイン事務所

【デザイン】

2019シーズン V・ファーレン長崎ユニフォーム(hummel製)

<1st FP>

 

<1st GK>

<2nd FP>

<2nd GK>

 

※右袖には、今後発表される新しいJリーグロゴが入ります。

 

【ユニフォームスポンサー様のご紹介】

株式会社ジャパネットホールディングス
五島の椿株式会社
株式会社リンガーハット
株式会社メモリード

【ユニフォームサプライヤー様のご紹介】

hummel

 

【夢と平和につながる取り組み】

ジャパネットグループとして、2018年より3年間で1億円の寄付を目指して、公益財団法人日本ユニセフ協会を通して、世界の子どもたちに教育支援や平和の想いを伝える活動を実施しています。
V・ファーレン長崎を通じては、「サッカーを通してたくさんのワクワクを生み出しながら、未来に夢と平和をつなげていきたい」という想いのもと、2018シーズンに引き続き、2019シーズンもユニフォームの背中にユニセフロゴを掲出します。

 

【デザイナー紹介】

岡本 一宣 氏

アートディレクター、グラフィックデザイナー、出版プロデューサー

1951年長崎生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業
1979年岡本一宣デザイン事務所設立
2010年一般社団法人ナガサキベイデザインセンター設立

雑誌、書籍、写真集などの一般誌から企業誌、カタログのデザインなど出版メディア全般をベースに日々活動。組織や企業のブランディングに伴う、ロゴマークデザインや広告制作などブランディング・デザインにも携わる。「美は存在の力」を信念に拠点である東京から、長崎をはじめとして活動の幅を広げている。
作品集に「岡本一宣の東京デザイン」「岡本一宣のピュア・グラフィック」(美術出版社)「長崎インサイトガイド」(講談社)等

 

【V・ファーレン長崎 代表取締役社長 髙田明 コメント】

2019年のV・ファーレン長崎のユニフォームは、みなさんの投票結果をもとに、ファーストユニフォームはステンドグラスをモチーフとしたデザインに、セカンドユニフォームはV・ファーレン長崎の「V」の字が前面に大きくデザインされたものに決定しました。
2018年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に認定されました。これは江戸時代のキリスト教弾圧の中で、250年ひそかに信仰を続けた潜伏キリシタン達の伝統を物語る遺産です。私は今回のユニフォーム制作にあたり、実際に大浦天主堂を訪れました。天主堂の中のステンドグラスを観るだけでも非常に平和に満ちた空間であると感じ、潜伏キリシタン関連遺産は、まさに平和の心を体現しているものだと感じました。平和は世界中が望んでいることですが、長崎はそれを発信する役目がある都市だと考えています。それは原爆の経験だけではなく、潜伏キリシタンの歴史の中にもあるような気がしました。
V・ファーレン長崎は、チームカラーの青とオレンジを基調としたステンドグラスが全体にデザインされたユニフォームを着用することで、長崎から、サッカーを通して愛と平和を発信していきたいと考えています。また、一つ一つのガラスが組み合わさって一つの作品となるステンドグラスのように、長崎県民のみなさんの心もつなぐ存在になれればと思い、今年のユニフォームに願いを込めました。

 

【V・ファーレン長崎 髙杉亮太選手 コメント】

ステンドグラスをイメージしてのデザインとのことで、長崎らしさが全面に出ている印象です。このユニフォームを選手が着ることで、全国に、世界に長崎をアピールしたいです。そして、長崎を再びJ1に上げるために、この”長崎”のユニフォームを着てシーズンを戦い抜きます。

 

【V・ファーレン長崎 澤田崇選手 コメント】

V・ファーレンカラーの青とオレンジが織り交ぜられていながら、落ち着いた全体感のユニフォームですね。毎年、ユニフォームには”長崎らしさ”がありますが、教会のステンドグラスは”今の長崎らしさ”が出ていていいですね。長崎は2019年も走り続けます。

 

【販売情報】

価格:16,740円(税込み)

サイズ:S、M、L、O、XO、XO2(JASPOサイズ)

 

受注予約販売:

2018年12月9日(日)13時~
V・ファーレン長崎公式オンラインショップ  ※オンラインショップでの申し込みはコチラ
ジャパネットたかたコールセンター(0120-224-111/受付時間 9時~22時 年中無休)

 

 

Advertisement
↑トップへ戻る