V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

【9/29】アウェイサポーター「お・も・て・な・し」企画!

 

9月29日(土)19時キックオフの
J1リーグ第28節 V・ファーレン長崎 vs 川崎フロンターレで、
トランスコスモススタジアム長崎にご来場いただける川崎のファン、サポーターの皆さま!
ぜひ「V・ファーレンロード」をお通りください!

V・ファーレン長崎のスタジアムがある

諫早市の「お茶の間通り商店街」を中心に、

毎試合、笑顔いっぱいで試合開始1時間前まで、
アウェイサポーターの皆さまを「お・も・て・な・し」させていただいています!

諫早駅からスタジアムまでの歩道は、
「V・ファーレンロード」として、のぼり旗や誘導サインが整備されています。
「V・ファーレンロード」は、片道2㎞の距離、歩くと大人で約30分です。

長崎に初めて来訪いただいたという方。
スタジアムに初めて歩いて行かれる方。
「最近運動していないなぁ」という方。
ぜひ、他のサポーターの皆さんともご一緒に、スタジアムまでウォーキングしませんか!

もちろん、駅からスタジアムまでのバスも利用可能です!バス利用はコチラ

スタジアム到着までのワクワクの気持ちを楽しみながら歩きましょう!

V・ファーレンロード案内動画/ダイジェストバージョン(外部サイトYouTubeへリンク)

<諫早市のご当地キャラ「うないさん」が紹介する諫早市作成の動画です!>

 

「V・ファーレンロード」を歩くと限定トレカがもらえます!
配布場所は日程によって変わりますので、試合前にホームページのニュースページでご確認ください。

 

Vファーレンロード中間地点(シモハマ不動産駐車場)の内容をご紹介!
<わくわく倶楽部お・も・て・な・し」>

9月29日(土)は、
19時キックオフの明治安田生命J1リーグ第28節の川崎フロンターレ戦!
Vファーレンロード中間地点(シモハマ不動産駐車場)で、フロンターレファンを「お・も・て・な・し」させていただきます!強雨のようですが、喜んでいただくように頑張りますよ!

《今回のおもてなしメニュー》

☆福山雅治さんが「おいしい!」と大絶賛された諫早の土井農場さん育ちの豚肉「諫美豚(かんびとん)」も焼肉で提供します。お米を食べることで、豚肉の美味しさを向上すると注目されているオイレン酸の割合が高くなり、通常の豚肉より脂肪に甘みがあり、臭みも少なく、冷めても脂肪が固まりにくい柔らかいジューシーな味わいが楽しめるお肉に仕上がった「諌美豚」。とってもおいしいですよ。

☆毎回協力していただいている杵の川酒造には 平成29年11月に福岡国税局鑑評会の純米部門で大賞を受賞した「特別純米 磨き60」をはじめおいしい酒がいっぱい。おもてなしでは 地元で一番売れている当蔵のスタンダードな商品 「本醸造杵の川」 を用意させていただきました!売れ筋一番のレギュラー商品を品質向上の為、糖類無添加にしています。 味わい深くすっきりとした口当たりで九州、とくに長崎の料理にマッチします。お米本来の旨味が感じられ、上品な甘さが癖になります。香り、味ともに秀逸です。

☆豊かな海に囲まれた、長崎諫早より、選りすぐりの「美味しいもん」で晩ごはんのおかずとして、お酒のおつまみに、 お子さまのおやつにも、家族にうれしい「長崎清水」の「揚げかまぼこ」を用意しています。

☆アウェイサポーターへの「またの おこしを」気持ちを込めたヴィヴィくんの箱に入った黒砂糖の自然な甘さとカリッとした歯ごたえが有り諫早おこしの代名詞「黒おこし」をプレゼント。食べ応えのある黒砂糖の自然で優しい甘さ。長く愛され続ける杉谷おこし人気商品です。

<そのほかのおもてなし品>

☆前回大人気だったクラブダム長崎諫早店より「じゃがちゃん」。

 

フロンターレファンの皆さま、
V・ファーレンファンの皆さま。
V・ファーレンロードを利用して、
スタジアムにお越しください!

 

★★アウェイ入場ゲートではさらにプレゼント!!★★

☆スタジアム外周にある諫早市物産コーナーで使える「200円券引換券+黒おこし」」を先着500名様に!

☆長崎市銘菓、中が空洞の不思議なお菓子「一口香(いっこっこう)」を先着250名様に!

 

<駅近くで手荷物お預かりします!

 

<空港からのアクセスはこちら!>

※空港からの路線バスの詳細は長崎空港ビルディングのホームページをご覧ください

↑トップへ戻る