V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

ニュース

【高木琢也監督コメント】JリーグYBC Levain cup GS第3節 V・ファーレン長崎 VS サガン鳥栖

 

【高木琢也監督コメント】JリーグYBC Levain cup GS第3節 V・ファーレン長崎 VS サガン鳥栖

試合総括

非常にゲームの中で、われわれのほうが先行するような状況と同点、または逆転を許すような状況、またそれから逆転していくという。サッカーではいろいろなシーンがもちろんありますが、今日のゲームの中では90分の中で追いつき、追い越しという、そういう流れの中でのプレーというのを、選手たちが細かいミスはあるとしても、しっかり乗り切っていくということができて良かったと思っています。

例えば、先制点を取るにあたっては、数人の選手が絡みながら少ないタッチでボールを運んでいくという個の部分というのが出たシーンの中で得点できました。また、失点したあともかなり落ち着いてプレーしていたと思っています。最後まであきらめない気持ちの中で、姿勢の中で生まれた得点も最後にありました。途中で投入した鹿山(拓真)選手が得点してくれました。チームにも非常に勢いを与えてくれるような得点でもあったと思います。

今日はルヴァンカップでしたけど、選手たちに常に言っているのは、もちろん選手たちが出るにあたっては、キャラクターが違えば、それなりのプレーは出てきますが、基本的にはチームの骨組みにあたるような部分は絶対に崩すないと。そういうことは常々、今日のゲームでのミーティングでも話をしましたし、しっかり選手たちもこのチームでやるには何が必要かをしっかり理解しています。そういうことを今日、表現してくれたゲームだと思っています。こういうゲームをやってくれましたし、次のリーグ戦に向けても選手たち一人ひとり、評価を上げていっていますし、新たな競争も含めて、準備をしていきたいと思っています。

——早いパス回しでの先制点。監督しての評価を聞かせてください。

点を取ったことだと思います。あのシーンは、あのようなトレーニングをたくさんしているわけではないですが、全体のトレーニングの中ではタッチ数の制限をかなりやっています。頭がこんがらがるくらいに。先制点、特に最後まで、気を抜かずにフィニッシュまで持って行ったこともよかったと思います。

————後半に向けての監督の指示内容を教えてください。

鳥栖さんのいつものリーグ戦のような人の動き、ディフェンス面の動きがなかったので、少し修正を加えました。かなり、間でボールを蹴ることもできていました。前線の3人のコンビネーション、距離感、そしてミスも多かったですけど、やろうとしている意図はよく伝わる部分もあったので、それはもっともっとトレーニングの中でやっていければいいと思います。指示に関しては、あまりいえませんが、幅を使うことは多少ハーフタイムの中でいいました。これは、前半の途中からもいいました。もっと自分の判断の中でやっていかないといけないプレーだと思いました。

————選手内の競争についてどのように考えていますか。

どのカテゴリーでも、どの試合でも勝つのは難しいと思います。ですので、例えば、ルヴァンだけでなくリーグ戦に出ている選手もいます。その逆も今年もはいるかもしれない。区分けしているわけではありません。基本的にはコンディションを調整しながらの今シーズンです。今日でも山本廉が入っていました。起用してみたいなぁと思いましたが、なかなか今日のゲーム展開の中では使いづらかったです。ただ、鹿山は使えましたし、なかなかチャンスがないキム(木村裕)も使えました。そのあたりは、選手がゲームに関わっていく中で、継続していかないといけないと思っています。一つのプレーで大きく変わることはありませんが、変わることだってあると思います。こうやって結果を残した選手に関しては、ある程度チャンスも与えることも考えています。ただ、コンディションを戻していかなければ、次の試合、そしてまた次の試合に対しても難しくなっていくと思います。大変なスケジュールを乗り越えていくためには、今日の勝利はよかったと思います。

————黒木(聖仁)選手が先発しました。

3年ぶりに長崎に帰ってきました。いなかった時期の、クロ(黒木聖仁)のプレーはほとんど見ていませんが、長崎でもう一回という気持ちできてくれたと思います。今日のプレーに関しては、彼に直接、話を聞かれたほうがいいと思いますが、きっと「全然ダメでした」と答えると思います。彼が思っている理想というのは高いので、私にも正直分からないことがありますけど、その先、高いところを彼は常に見ています。ボールを失うこと、あそこでボール出すために出せなかった、ということが一つでも彼の中であれば、「よくなかった」としかいえないと思います。私からすれば、リハビリから戻ってきて、途中疲れていましたが、最後まで出し切れという気持ちでいましたし、いいました。最後まで頑張ってくれたと思います。あと、クロがいることで、もっとコンディションが上がってくればディフェンス面でのプレーも、前につけるボールももっと精度が上がっていくと思います。今日に関しては、今のコンディションを考えればベストなゲームをしてくれたと思います。

Advertisement
↑トップへ戻る