V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

宮崎キャンプ最終日リポート 7勝1敗の先

 

1月19日 vs沖縄SV 6-0
1月21日 vsFC東京 1-0
1月22日 vsガンバ大阪 1-2
1月24日 vsベガルタ仙台 3-2
2月1日 vsサンフレッチェ広島 2-0
2月2日 vsセレッソ大阪 2-1
2月8日 vsツエーゲン金沢 5-1
2月10日 vsHonda FC 5-1

沖縄キャンプ、宮崎キャンプで計8試合をこなした。
7勝1敗。勝利数もさることながら、得点の多さ、失点の少なさは、昨年の課題と向き合い、キャンプで取り組んだ成果だ。
そして、何より若手の躍進が際立った。

沖縄、宮崎含め、27日間のキャンプ最終日。
8試合目の練習試合は、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するHonda FC。JFL4連覇中で、昨年の天皇杯ベスト8入りの社会人サッカークラブとの練習試合は、まさにキャンプの集大成だった。

45分×3本の1本目早々にオウンゴールで先制点を献上するが、相手のオウンゴール、名倉巧、氣田亮真の2得点、富樫敬真がゴールネットを揺らして5-1。

「氣田選手が、決めるだけのパスを送ってくれました。選手全員が、監督が目指しているサッカーを理解して、まとまってレベルアップした結果だと思います。長崎のファンの期待は、大変高いと思います。その期待に応えたいです」(名倉)

名倉をはじめ、氣田、毎熊晟矢、植中朝日、加藤聖の新卒加入選手が躍動し結果を残した。プロ3年目、21歳の名倉もうかうかしていられない。この状態がチーム全体を活性化させている。

「チームが高めようとしている”攻守”を高められたキャンプだった。大変いいものになった。システムに関しても、手応えのあるものになった。柔軟にできている中で、収穫があった。この次は対戦相手の対しての戦術、戦い方に入ってくる。 長崎からパワーをもらって、さらにパワーアップしてシーズンに入る」(手倉森誠監督)

2オフを挟み、V・ファーレン長崎は長崎で活動を再開する。
そして、2月23日(日)14時に、栃木SCをホーム、トランスコスモススタジアム長崎に迎えて2020シーズンをスタートさせる。

沖縄でお世話になった皆さま、宮崎でお世話になった皆さま。そして、長崎のファンの皆さま。
V・ファーレン長崎に関わるすべての人の期待に応えるために、J1昇格への航海が始まる。
準備は万端だ。

Advertisement
↑トップへ戻る