V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

お知らせ

沖縄キャンプ3日目リポート 宿舎での決まりごととは?

午前、午後の練習とも笑いあり、その後にたっぷりの汗。
じっくり動いた充実感を得て宿舎に戻る。そんなキャンプ3日目だった。

数グループに分けて遊びを入れ込んだフィジカルトレーニングでスタート。
一番遅かったグループが罰ゲーム。
そんなとき、誰かがわざと誰かのせいにして笑いを生む。
チーム全体が一瞬、和やかになる。そして、次のプログラムにフォーカスする。
練習時間を通じて、とても高い位置で集中している。
そんな時間を過ごしているから、充実感はさらに円熟する。

心身ともに底上げがされている。
それは宿舎での一つのルーティンの中にも組み込まれている。

手倉森誠監督からキャンプ初日の練習後にチームに伝えられた。
「みんなで食べる夕飯。背番号順に『いただきます』、『ごちそうさま』のあいさつを担当しよう」
夕飯は、決められた時間に、コーチングスタッフ、選手、スタッフの全員が食堂に集まる。
あいさつ担当の発声とともに、みんなで「いただきます!」

その前に、今日の練習やキャンプへの思い、
今季についてなど、「何でもひと言スピーチ」をするのが約束だ。

3日目の夕飯は、背番号4番のフレイレがあいさつ担当。

「すごくいい雰囲気の中でキャンプができていますね。この雰囲気を続けていきましょう。みんなで助け合いながら、支えあいながらやっていきましょう。イタダキマス!」

とても発音のいい「いただきます!」で締めると、
「いいこというなぁ!」
とチーム全体が驚き、笑い、大きな拍手が送られた。
トレーニング、そして寝食をともにするキャンプは、
一つになる、そしてシーズンを迎えるステップを登っている。
ちなみに「ごちそうさま」のときの「何でもひと言スピーチ」は、
「オヤスミナサイ!ゴチソウサマデシタ!」
まだ、19時前ですが。。。
休息も立派な仕事です。


準備といえば、こちらもそう。
本日から宿舎内に特設スタジオを設置。
選手一人ずつユニホームを着た写真撮影を開始!


どんなポーズや表情が見られるのか?
皆さん、お楽しみに!

Advertisement
↑トップへ戻る