V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

【キッズ交流活動】和同保育園でV-TIMEを行いました(11/6)

 

日ごろより、クラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

 

V・ファーレン長崎は、11月6日(水)諫早市の和同保育園にて、年長さんを対象にV-TIMEを行いました。

V-TIMEとは、V・ファーレン長崎スクールコーチによる巡回活動の一環で、長崎県内21市町の保育園・幼稚園を訪問し、体を動かす楽しさや、仲間と協力する、仲間を大切にすることなどを伝えています。

また、“V・ファーレン長崎との交流の時間”という目的で行っています。

 

今回は、前田普及インストラクター(まえコーチ)と松尾コーチ(まつコーチ)、ヴィヴィくんがお伺いしました。

「みんながサッカーをばがんばっているから、今日はヴィヴィくんも来てくれました!

ヴィヴィくんと一緒に活動するときは、優しく接してあげましょう!」(まえコーチ)

 

 

11月になり風も冷たくなってきたので、まずは鬼ごっこで体を温めましょう!

鬼役のまえコーチ、まつコーチ、ヴィヴィくんにタッチされたおともだちは

ヴィヴィくんのポーズになって固まってしまいます・・・

固まったおともだちをタッチしてあげたら、復活できるというルールです。

 

 

”ヴィヴィくん”になってしまったおともだち

 

 

 

次の活動は、ヴィヴィくんからパスをもらい、

ドリブルをしてゴールにシュートする練習です。

 

パスをしっかり足で止めることができるようになりましたね!

 

ヴィヴィくんがまえコーチとお話しをしています。

「みんな、ヴィヴィくんにパスをお願いするときは、

1回目よりももっともっと大きな声でお願いしてみよう!

元気に言えたら、ヴィヴィくんもうれしいよ!」(まえコーチ)

 

2回目は、みんな1回目よりも大きな声で

「ヴィヴィくんパスください」とお願いできましたね。

 

 

最後の活動は、ミニゲームです。

 

「ヴィヴィくんにかっこいいところ見せたい!」と言うおともだちもいて

みんないつもより気合が入っていました。

 

 

 

 

ヴィヴィくんは、おともだちと一緒に応援です。

 

使い終わったビブスは、それぞれ自分で畳み、

代表のおともだちがみんなの分を集めてコーチに返すことができました。

 

 

V・ファーレン長崎は、引き続き長崎県内の幼稚園・保育園を訪問し、体を動かすことの楽しさを伝えながら、子どもたちの全力を応援します。

ADバナー
Jリーグチケット トヨタレンタリース長崎
Advertisement
↑トップへ戻る