V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 契約社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 アルバイト採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

クラブからのお知らせ

V・ファーレン長崎 新役員体制のお知らせ

 

V・ファーレン長崎は、2022年3月1日(火)付で株式会社長崎ヴェルカ 代表取締役社長 岩下英樹が代表取締役社長に、また現 取締役の由井昌秋が代表取締役ホームタウン担当役員に就任することになりましたのでお知らせいたします。

なお、同日付で株式会社ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEOであり、現 取締役の髙田旭人が、代表取締役会長に就任いたします。

 

■2022年3月1日(火)付の役員体制一覧

 

■代表取締役会長 髙田旭人 コメント
2017年にV・ファーレン長崎の経営不振を受け、創業の地である長崎への想いのもとV・ファーレン長崎をグループ会社化いたしました。この5年間であらためてサッカーの持つ力や試合での感動を私自身が感じるとともに、ファン・サポーターやスポンサーの皆様の声を聴きながら成長していく過程で、より長崎の皆様に愛していただける存在となっていることを感じています。
これまでクラブの強化に携わってまいりましたが、これまで以上にクラブの未来に対してしっかりコミットメントしていきたいという想いから今回代表取締役会長に就任いたしました。長崎のサッカーチームであるV・ファーレン長崎が単体として持続可能なチームになることが日本全国のスポーツの未来を創っていくと考えています。長崎での取り組みが他の県も含めた地域創生のモデルになれるように、今後も新しい取り組みにチャレンジを続けていくつもりです。
今回、長崎ヴェルカの社長を務めている岩下がV・ファーレン長崎の社長を兼任することとなりました。兼任を不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、両チームの目指すものや課題には共通点も多く連携することで多くのメリットが生まれると感じています。岩下はこれまで社内の各部署の責任者を経て、長崎スタジアムシティプロジェクトや長崎ヴェルカの責任者として実績を重ねてきました。ファン・サポーターやスポンサーの皆様の期待されることを形にし、時には期待以上のものを実現することで、多くの価値を生み出してきたと感じています。その想いや情熱をV・ファーレン長崎の代表としてもいかんなく発揮し、V・ファーレン長崎、長崎ヴェルカ、チアリーディングをまとめる立場として長崎にもっとワクワクを生み出していけると確信しています。また、今回代表取締役となる由井は、長くサッカー界で活躍し、その知見や経験を通して新体制のもと岩下をサポートする形でさらに貢献してくれると考えています。今回の新体制を軸に、髙田明、髙田春奈がクラブをけん引し取り組んできたビジョンを引き継ぎながらも、さらに進化してまいります。
2024年には長崎スタジアムシティが完成します。この長崎の地でサポーターの皆様の期待と想像を越える世界を創っていくために、グループ一丸となって取り組んでいるのでこちらもご期待ください。
最後に、今シーズンこそJ1昇格を達成すべく、選手、コーチ、スタッフ、社員、そして経営陣一同全力で取り組んでまいります!

 

■代表取締役社長 岩下英樹

【プロフィール】
1981年長崎県生まれ。2006年ジャパネットたかたへ入社。
インターネット部門、プロモーション戦略部門等の責任者を経て、 2019年物流・設置部門のジャパネットロジスティクスサービス 代表取締役社長に就任。
2020年にはリージョナルクリエーション長崎取締役に就任し、 地域創生事業を担当する。
同年ジャパネットホールディングス取締役、長崎県初のプロバスケットボールクラブである長崎ヴェルカ代表取締役社長などを兼任。現在に至る。

【コメント】
この度、新しくV・ファーレン長崎の代表取締役社長を務める事になりました岩下でございます。
これまで私は、長崎スタジアムシティ開発を中心とした長崎をもっと元気にしたいという地域創生事業を通じ、本当に多くのファン・関係者の皆様のご支援を日々感じ、そして感謝しておりました。この場をお借りして、改めて心より御礼申し上げます。
今シーズン、V・ファーレン長崎は「100%-予想以上、理想以上。-」のスローガンのもとJ1昇格に向け覚悟をもって挑んでまいります。
これまでの、V・ファーレン長崎に関わる全ての方々とのつながりを糧に、今シーズンの目標をしっかり達成すると共に、今後、永くこの長崎の地で愛され、必要とされる存在に昇華できるよう、私自身も覚悟をもって挑み続けます。
多くの皆様の想いや歴史、そして新しい未来がたくさん詰まったV・ファーレン長崎のバトンを受け取る意味と、それに伴う重責を感じると共に、これ以上のチャレンジはない、と熱い想いでおります。
皆様のご支援ご声援が、クラブのこれまでの深化、そしてこれからの進化につながるよう全力を尽くして参りますので、どうか今後も熱いご声援の程よろしくお願い申し上げます。

 

■代表取締役ホームタウン担当役員 由井昌秋

【プロフィール】
1947年神奈川県生まれ。1970年三菱自動車工業株式会社へ入社。
1997年に同社 宣伝部長に就任。2006年浦和レッズ 常務取締役事業本部長、2008年Jリーグ シニアアドバイサー、
2010年東京ヴェルディ 取締役事業本部長、2014年ツエーゲン金沢 取締役を経て、
2017年5月にジャパネットグループの一員となったV・ファーレン長崎の取締役に就任し、強化部門・ホームタウン部門を担当。現在に至る。

【コメント】
V・ファーレン長崎は、2005年の発足以来多くの地域の方々に育てられてまいりました。
私のV・ファーレン長崎との出会いは、Jリーグ準加盟申請の際にJリーグスタッフの一員として、年頭にご逝去された小嶺忠敏社長(当時)に向けまして、将来のクラブの発展について生意気なことを申し上げた思い出にございます。2017年V・ファーレン長崎が、ジャパネットと共に新たな歩みを始めた際に、私も参画させていただき思いましたのはその縁(えにし)でした。
ホームタウン勝手連として、小値賀町に始まり各市町を訪問させていただき、ホームタウンの皆様の人情や機微に触れさせていただきました。長崎各地の皆様の歴史や、想いや、誇りを強く感じてまいりました。これからも、ホームタウンの一員として一層多くの方々と共に、スポーツ文化を通した長崎の元気と笑顔の広がりに向けて歩んでまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

なお、2月8日(火)にジャパネットグループスポーツカンパニー合同記者発表を行います。

→株式会社ジャパネットホールディングス プレスリリースは>>こちら>>
→株式会社長崎ヴェルカ プレスリリースは>>こちら>>

↑トップへ戻る