V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

クラブからのお知らせ

V・ファーレン長崎 2020年平和祈念活動実施のお知らせ

 

株式会社V・ファーレン長崎は、長崎にあるクラブとして、「愛と平和と一生懸命」をキャッチコピーに2020年も平和祈念活動を行ってまいります。今年は、被爆75年の節目の年でもあり、チーム・フロント、そしてファン・サポーターの皆様と共に、より一層「平和」のメッセージを多くの方へ広げていきたいという想いで、さまざまな平和祈念活動を実施いたします。

 

■V・ファーレン長崎の平和祈念活動キャッチコピー

 「愛と平和と一生懸命」

長崎はこれまでの歴史の中で、深い苦しみを味わってきました。古くは潜伏キリシタンの迫害の時代から、

世界大戦終焉直前の原子爆弾投下まで、多くの人の苦しみがあって、今私たちは平和の時代を迎えています。

平穏な日常を味わえる今だからこそ、その平和の大切さを語り伝えていく責任がある、そして、

その輪を広げていく使命があるのだと、V・ファーレン長崎は考えています。

愛する人たちのために、一生懸命にプレーすること。そして愛する人たちのプレーを、一生懸命応援すること。

敵も味方も越えて、隣人とともにこの日常を味わえる平和に感謝して、それを語り継いでいきたい。

それがV・ファーレン長崎の考える平和です。

 
2019シーズン平和宣言の様子             2019シーズン千羽鶴寄贈の様子

 

■ 2020年平和祈念活動内容

 

 

■ 2020年平和祈念ユニフォームについて

長崎県民にとって平和を考える大事な8月9日前後の期間にこの想いを伝えるため、2015年より夏季限定で

平和祈念ユニフォームを着用し、Jリーグで戦っています。しかしながら、2020シーズンにおいては、

新型コロナウイルスの影響でJリーグ中断期間が当初より長くなったこともあり、来シーズンへ持ち越すことといたしました。

2020シーズンは、通常のユニフォームにも平和への想いを込めたものになります。

1stユニフォームの袖には平和の象徴である「鳩」が描かれ、2ndユニフォームには県花の雲仙ツツジをモチーフとしてあしらい、

強さだけでなくフェアプレー精神や優しさをデザインに込めています。今シーズンはこのユニフォームを着用し、

シーズン通して平和への想いを発信し続けます。

 
袖には平和の象徴「鳩」が描かれている    雲仙ツツジを描いた優しいデザイン

 


歴代平和祈念ユニフォーム

 

■V・ファーレン長崎 代表取締役社長 髙田 春奈コメント

幼い頃から長崎で平和教育を受けてきたため、原爆や戦争は他人事ではありませんでした。しかし時が過ぎていくにつれ、その記憶は薄れがちになってまいります。長崎県内には多くの団体や個人の皆さんが、その記憶を風化させないための取り組みを行っていらっしゃいます。V・ファーレン長崎も長崎の一員として、皆様と手を携え、世界に向けて平和の尊さを発信し続けていきたいと考えています。
「愛と平和と一生懸命」という言葉は、スタジアム内外で声援をくださるファン・サポーターの皆様と、選手達とのコミュニケーションの形そのものです。長崎のファン・サポーターの皆様のおもてなし精神、深い愛情を受け、選手たちは一生懸命なプレーを魅せ、そしてそのプレーが感動をもたらし、それを見た人はさらに温かい愛情を注いでいきます。そのような循環にこそ平和の種があると考えています。
今年は活動自粛期間もあり、ハードスケジュールな夏を迎えます。そんな中でも私達らしいスタイルで、感動を与えるプレーと平和への想いを同時に世界中へ発信していけたらと思います。

 

■V・ファーレン長崎 監督 手倉森 誠コメント

私自身、長崎での生活も2年目になります。長崎県民の皆さんの「平和」への想いに触れるたびに、世界に平和の大切さを発信していく任務が、V・ファーレン長崎にはあるのだと痛感します。正々道々とプレーすること、フェアプレーの精神を持つこと、勝負の世界に生きている我々の形で、「平和」への想いを表現していきたいと思います。
今年は新型コロナウイルスの影響でトレーニングできない日々、試合ができない日々が続きました。サッカーができることの喜び、サッカーをやらせてもらっている日常への感謝を特に感じさせられました。我々がその姿勢をピッチ上で示すことで皆さんに感動や元気を届けます。

 

■V・ファーレン長崎 キャプテン 秋野 央樹選手コメント

私は、「V・ファーレン長崎が、サッカーを通して世界中に平和への想いを発信する責任がある」ということを強く感じています。
それぞれに平和の形がありますが、私にできることは、一生懸命なプレー、正々道々と闘う姿をピッチ上で表現し、元気や感動を皆さんに届けることです。そして、ファン・サポーター・長崎県民の皆さんとともに長崎が持つ温かさ、愛を世界に広げたいです。
新型コロナウイルスの影響で思うようにサッカーができない今シーズン、皆さんとともにサッカーができる日常の大切さを
改めて分かち合いたいと思っています。

 

 

 

 

 

↑トップへ戻る