V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

アカデミー

≪U-15≫ 3月30日 サッカー、「デカっ!」、勉強の1日!
6時半に起床、7時に朝食。
試合明けの30日は少しゆっくりとした朝を迎えました。
8時半にホテルを出発して練習会場へ。
練習会場は、タイスポーツ庁が管轄する
ナショナルスタジアムのサブピッチです。
練習場に到着するやいなや、前田大輔U-15監督の声が…。
どうやらバスで運んできたチームの荷物を運ばずに、
ピッチへ向かった選手がいた模様。
「誰かが運ぶだろうという考えではダメ!」
「プロになる為にはサッカーだけ出来れば良いという訳ではない!
V・ファーレン長崎のアカデミーが掲げる「人間力」が問われていますね。
練習のテーマは「攻撃のコンセプトの共有」。
前田監督と松田浩アカデミーダイレクターが指導!
「奪われたら奪い返す」
「攻守が入れ替わったらすぐに戻る」
そんな基本的な事を何度も何度も繰り返し実践していました。
今日もみっちり1時間半の練習です。
11時半頃にホテルに戻って昼食。
午後からは遠征初の観光です!
今回の遠征のテーマは「非日常へのチャレンジ!」
ピッチ外でも日本とは違う環境に触れることで、「世界」を体験します。
今回の行き先はワットポーと暁の寺院。
ワットポーは涅槃寺(ねはんじ)とも呼ばれ、
タイでも有名な王宮寺院です。
選手たちの一番の反応は、「デカ!」でした。
そう、ここにある涅槃仏は全長46メートル、高さ15メートルと本当に大きい!
「デカ」と声が出てしまう気持ちも分かります。
暁の寺院では、
タイの伝統的な衣装を身にまとった地元の方と記念撮影!
試合の緊張した面持ちとは異なり、
終始にこやかな表情で現地の文化に触れた選手たちでした。
異文化に触れた後は、いつもより少し早めの夕食。
ブラカノンにあるお店ですき焼き&しゃぶしゃぶを堪能。
1日の最後はいつもの勉強会。
この日のテーマは「自ら考える」。
選手たちだけでの勉強会となりました。
普段サッカー以外では、
なかなか顔を合わす機会のない選手たち。
きっとこれまで以上に堅い絆で結ばれたことでしょう。
勉強会の結果はいかに?
次回のレポートでお知らせします。
↑トップへ戻る