V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

Vファーレン長崎 正社員採用情報 スタジアムへのアクセスはこちら ボランティアスタッフ募集中!
Vファーレン長崎 正社員採用情報 ジャパネット+V・ファーレン長崎+ユニセフ=世界の子どもたちの支援と平和の発信 V・ファーレン長崎後援会 V・ファーレン長崎【公式】ONE FLAG特設ページ

アカデミー

≪U-18≫ドイツB04レバークーゼン短期留学日記(1日目)/「ドイツに到着しました!」

 

日頃よりクラブへのご支援、ご声援誠にありがとうございます。

 

10月21日(月)に長崎を出発したV・ファーレン長崎アカデミーの選手・スタッフは、

無事ドイツへ到着しました!

本日から、ドイツB04レバークーゼンへ短期留学中の選手・スタッフから届くレポートをご紹介していきます!

現地の選手やスタッフは毎日どのような活動をして、何を感じているのか、ぜひご覧ください。

 

初回は齋藤遼太選手のレポートです!

今回は初回ということで、自己紹介も交えてご紹介します♪

 

==============================================================

齋藤遼太(FW)

■経歴

相浦中(佐世保市) → V・ファーレン長崎U-18

 

■V・ファーレン長崎U-18に入った理由

自分の夢であるプロサッカー選手になるために、今までプロの指導者から指導をしてもらったことがなかったので、プロの指導の下でサッカーがしたいと思いました。

また、プロに一番近いところがJリーグチームのユースのチームだと思ったので、V・ファーレン長崎U-18を選びました。

 

■今回の短期留学の目標

ドイツでの目標は、今以上にゴールに貪欲になることです。

自分の持ち味である、スピード・パワーをヨーロッパのレベルが高い選手に対してチャレンジし、

さらに磨きを掛け、もっとゴールを奪える選手になることが目標です!

 

■今日の活動

日本から約18時間の移動となりました。

サッカー以外の面になりますが、食事の面において、今まで食べたことのないヨーロッパの食べ物を食べてみて、とても美味しかったです。

今後は食わず嫌いはやめて、どんなこともチャレンジしようと思いました。

 

■今日の1枚

デュッセルドルフ空港到着した時に全選手で記念撮影!

==============================================================

明日も選手・スタッフからのコメントを掲載していきます。お楽しみに!

みなさま、V・ファーレン長崎U-18へのご声援をよろしくお願いいたします。

↑トップへ戻る