V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

ニュース

<2019ハワイキャンプ7日目>空中と地上を制して新生V長崎公式戦初勝利

 

試合終了後、長谷川悠がハニカミながらカメラマンに近づいてきた。

「よーへいと一緒に写真を撮ってほしいんですけど」

現地時間2月8日の20時15分に、ハワイのアロハ スタジアムでキックオフされたパシフィックリムカップ(Pacific Rim Cup 2019 Powered by Under Armour)。メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するバンクーバーホワイトキャップスを相手に、新生V・ファーレン長崎は初公式戦を戦った。結果3-1。ハセユーが頭で先制点を決めて、よーへい(大竹洋平)が足で2得点した。

途中、選手を入れ替えて戦った

「2回、その前にチャンスがありましたが、3回目はいいシュートを打てました。長崎に来て、個人的にもチームとしてはも今季初めてのゴール。久しぶりの国際試合で結果を残せたことで自信にもなりました」(長谷川)

前半44分に決めた長谷川のゴール。ハーフタイムを挟んで、後半始まり3分で2回ネットを揺らした大竹。長崎が痛快に点を重ねる姿に、観客もまさに歓喜していた。

ハセユーが頭で2019公式戦初ゴール

「1点目は(イ)ジョンホからいいボールがきたので、うまくミートしようとしたらいいところにいってくれました。2点目は、スペースがあったので仕掛けたらコースが見えたので打ちました。国際試合は、お互いがどういうサッカーをするか分からない中で、相手の特徴をつかみながらやらないといけません。結果を出せたことで、選手としてもチームとしても成長しました」

後半開始早々1分に決めたよーへい

2019年初陣を飾った長崎。点を決めた二人。身長187センチの長身とピッチ上のスピードマスター。周りの選手がきっちり組み立て、二人がそれぞれの持ち味を発揮したチームの勝利だった。

「すべては、今季いいシーズンに入るための2試合にしようと思っています。決勝では、点を取り、勝って、このキャンプの仕上がりをみんな確認したいです」(手倉森誠監督)

決勝は、ハワイ時間10日17時15分(日本時間11日12時15分)にキックオフされる。

Advertisement
↑トップへ戻る