V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

ニュース

ハイロ モリージャス選手、名倉 巧選手 契約更新・田上 大地選手 柏レイソルへ完全移籍のお知らせ

 

V・ファーレン長崎は、下記のとおり決定しましたことを、お知らせいたします。

 

ハイロモリージャス選手と2019シーズンの契約を更新しました。
引き続き、ハイロ選手ならびにクラブへのご協力、ご声援をよろしくお願いいたします。

◇ハイロ モリージャス  

【ポジション/背番号】  FW/18
【生年月日】       1993年7月2日生(25歳)
【身長/体重】      187cm/76kg
【出身地】        スペイン
【経歴】           セビージャ・アトレティコ(スペイン)→RCDエスパニョールB(スペイン)→RCDエスパニョール(スペイン)→ジローナ(スペイン・期限付き移籍)→ヌマンシア(スペイン・期限付き移籍)→RCDエスパニョール(スペイン)→V・ファーレン長崎(2018年加入)
【出場記録】

大会名 出場 得点
2018シーズン 明治安田生命J1リーグ 2試合 0得点
JリーグYBCルヴァンカップ 0試合 0得点
天皇杯全日本サッカー選手権大会 0試合 0得点

 

【ハイロ モリージャス選手コメント】
「V・ファーレン長崎とともに夢を叶え続けられることを大変嬉しく思います。今シーズンは怪我なく、ゴールを多く決めてチームに貢献したいです。そして、長崎がいるべき場所、J1に戻るという目標を達成しましょう。」

 

 

名倉巧選手と2019シーズンの契約を更新しました。
引き続き、名倉選手ならびにクラブへのご協力、ご声援をよろしくお願いいたします。

◇名倉 巧(ナグラ タクミ)  

【ポジション/背番号】  MF/34
【生年月日】       1998年6月3日生(20歳)
【身長/体重】      168cm/63kg
【出身地】        東京都
【経歴】        FC.LEEZU→FC東京U-15深川→国学院久我山高→FC琉球→V・ファーレン長崎(2018年加入)
【出場記録】

大会名 出場 得点
2018シーズン 明治安田生命J1リーグ 3試合 0得点
JリーグYBCルヴァンカップ 6試合 1得点
天皇杯全日本サッカー選手権大会 0試合 0得点

 

【名倉巧選手コメント】
「あけましておめでとうございます。昨年は熱い応援、本当にありがとうございました。みなさんの応援が選手としてプレーするエネルギーになっています。今年は1年でJ1復帰という目標に、みなさんと共に頑張っていきたいと思います。今年もよろしくお願いします!」

 

 

田上大地選手が、柏レイソルへ、完全移籍することとなりました。
田上選手のこれまでのクラブへの貢献に感謝申し上げます。

 

◇田上 大地(タガミ ダイチ)  

【ポジション/背番号】  DF/5
【生年月日】       1993年6月16日生(25歳)
【身長/体重】      180cm/78kg
【出身地】        千葉県
【経歴】            流通経済大付属柏高→流通経済大→V・ファーレン長崎(2016年加入)
【出場記録】

大会名 出場 得点
2018シーズン 明治安田生命J1リーグ 27試合 3得点
JリーグYBCルヴァンカップ 2試合 0得点
天皇杯全日本サッカー選手権大会 2試合 0得点

 

【田上大地選手コメント】
「まず、皆さまに直接お伝えできないことを心苦しく思います。長崎では、色々な経験をさせてもらいました。1年目は試合になかなか出れず、苦しい時期を過ごしました。2年目はV・ファーレン長崎、そして長崎県民が一体となって掴んだ初のJ1昇格。3年目は1年でのJ2降格。正直、こんな激動な3年間を過ごすとは思っていませんでした。初めて長崎に着いたときの不安を今でも鮮明に覚えています。でも住んでみると、ご飯は美味しい、人は良いし、海は綺麗。そんな長崎が本当に大好きになりました。こんなにも長崎を離れることが嫌になるなんて思ってもいませんでした。今回地元千葉のJ2柏レイソルからオファーをもらい、本当に悩みました。葛藤しました。今まで、高校大学、そして長崎と厳しい環境に飛び込み、1日1日全力で取り組み、それが少しずつ結果として現れていきました。今回の決断も、新しい環境で、より激しいポジション争いをしひとりのサッカー選手として成長するためにした決断です。長崎で過ごした3年間を武器に、柏で勝負したいと思います。V・ファーレン長崎は、これからもっともっと明るい未来へと繋がっていくと確信しています。社長を始め、スポンサー様、ファン、サポーターの皆様と共に明るい未来に向けて一緒に歩んで行くことはできませんが、これからは大好きなチームのひとつとして、応援しています。3年間本当にお世話になりました。」

Advertisement
↑トップへ戻る