V-VAREN NAGASAKI OFFICIAL WEB SITE

V-ファーレン長崎 公式ウェブサイト

ニュース

【高木琢也監督コメント】JリーグYBC Levain cup GS第6節 湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎

 

【高木琢也監督コメント】JリーグYBC Levain cup GS第6節 湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎

——試合総括

遠方より来てくださったファン、サポーターの皆さまに大変申しわけないゲームをしてしまったという思いと、感謝の気持ちがあります。この内容であれば、湘南さんがプレーオフで勝ち上がっていくのも当然だと思います。それくらいわれわれも見習う点があったゲームでした。

インテンシティーが高いプレーをやってくると当然思っていましたし、それを選手たちに話をして臨みましたが、まったく何もできなかったゲームでした。後半は、意地を見せてくれましたが、それ以上のものはなかなか出すことはできずに終わってしまいました。これからは、リーグ戦を中心に戦っていく中で、この課題をチームに持ち帰って、少しでも改善できればと思います。

——クラブとして初のJリーグYBC ルヴァンカップが終わりました。

率直、素直な感想ですが、チーム内での力の差ということ同時に、チームとの力、総合的な差を感じました。その辺を埋めていかないといけません。チーム全体を底上げしないといけないと思います。

——湘南に見習う部分はどのような点でしょうか。

出だしです。オフェンス、ディフェンス関わらず、出だしの速さは、日頃のトーレニングからしていないとできないことだと思います。

——後半出だしで選手とシステムを変えました。

入りがあまりにも悪かったからです。アウェイで戦う中では、特に入り方を当たり前のように大事にピッチに入っていかないと思いますが、それを伝えきれなかった自分にも責任があると思います。どうしても勢いをつかせたかったので、キュベックをトップに置いてとにかくパワープレーの布陣を組みました。自分の中では、ナイアル・クインがトップにいて、シャドーにケヴィン・フィリップスいるというイメージです。とにかく押し込む、勢いをつけたいと思いました。でも、あまりうまくいかなかったなと思います。残念です。

Advertisement
↑トップへ戻る